亀ちゃんBLOG
TOP > 亀ちゃんBLOG

リバウンドの原因2

2013.07.17

リバウンドの原因2:レプチンの量と満腹感

 

 

ダイエットをしていると、

 

 

満腹感に変化が出てきます。

 

 

「レプチン」とは、

 

 

 

脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されて、

 

 

脳の満腹中枢を刺激する物質です。

 

 

ダイエット中に食事を減らしていると、

 

 

レプチンの分泌量も減ってきます。

 

 

そしてダイエットを中断し食事の量を元に戻した場合、

 

 

レプチンの量も変化するのですが、

 

 

これが適正量に戻るためには、

 

 

約1ヶ月の時間がかかるのです。

 

 

つまり、

 

 

1ヶ月は食事の量を元に戻してもレプチンの量が少ないため満腹感を得られず

 

 

かえって食べ過ぎてしまうのです。

 

 

リバウンドを防ぐために

 

 

リバウンドを起こさずにダイエットを成功させるためには、

 

 

いったいどうすればいいのでしょうか?

 

 

リバウンドしないダイエット

 

 

ダイエットでリバウンドしないためには、

 

 

上で説明した体の機能をよく知ることが大切です。

 

 

ホメオスタシスを働かせない!

 

 

ホメオスタシスは、

 

 

1ヶ月に5%以上体重が減少すると

 

 

最大限に働く仕組みになっています。

 

 

短期間で急激な減量をせず、

 

 

5%以内の体重減少を心がけましょう

 

 

レプチンをセットする!

 

 

レプチンの量をセットするためには

 

 

最低1ヶ月必要です。

 

 

つまり減少した体重を1ヶ月間維持すれば、

 

 

レプチンの分泌量が減り、減った状態を維持できます

 

 

停滞期に入っても1ヶ月間はダイエットを諦めずに続ければ

 

 

リバウンドは防止できます。

 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive