亀ちゃんBLOG
TOP > 亀ちゃんBLOG

【究極のダイエット法】食事制限なしの低インシュリンダイエットとは?

2014.01.27

【究極のダイエット法】食事制限なしの低インシュリンダイエットとは?

トレーニングの話ではないですが、ダイエットする際の食事管理で重要な話しをされているので、是非参考にして下さい。

ダイエット情報をたくさん公開していくので、是非チャンネル登録して毎日参考に頑張って下さい。http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=kameki231

加圧トレーニングなら週2回で疲れ知らずのカラダになります。

2014.01.15

超回復のサイクルに合わせれば
トレーニング効果が効率よく得られる。

【加圧トレーニング】は、毎日行う必要がiないです。

基本的には超回復のサイクルに合わせて行うので、1日または2日おきで十分効果的なトレーニングです。

【加圧トレーニング】で筋肉にストレスを与えると、カラダはそれに打ち勝とうとし、その結果トレーニング前より強くなります。

このトレーニング前の体力レベルを超えたタイミングで、再び運動するのがポイントです。

筋肉を成長させるには休息時間が必要
と考えて下さい。

また1回に必要なトレーニング時間も、30分程度ですむのも【加圧トレーニング】のメリットでもあります。

【加圧トレーニング】で最初に実感出来るのは、カラダが軽くなる感覚です。

日常生活のさまざまな動作が楽になりそして疲れにくくもなります。

日常の動きも機敏になり、エネルギー消費量が増え、痩せやすいカラダへと生まれ変わっていきます。

成長ホルモンでダイエット効果が上がる⁇

2014.01.11

加圧トレーニングの良い所は成長ホルモン

 

乳酸が【成長ホルモン】の分泌を促し筋肉を肥大させて、さらに体脂肪を分解する。

【加圧トレーニング】を行うと多量の乳酸が発生し、軽い負荷でも激しいトレーニングをした時と同様に筋肉内を苛酷な状態に出来ます。

つまり、あたかも激しいトレーニングをしたかのように、筋肉をだまして肥大させます。

この発生した乳酸は【成長ホルモン】の分泌を促す作用があります。

【成長ホルモン】はその名通り、筋肉を大きく成長させるだけではなく、体脂肪を分解し脂肪減少を促進してくれるありがたい効果もあります。

さらに新陳代謝を活発にする作用もあり、若返り効果があることも見逃せません!

【加圧トレーニング】なら確実に若返るホルモンを自分のカラダが出してくれます。

この【加圧トレーニング】では、安静時の100倍以上の【成長ホルモン】を分泌させれる事が実証されています。

【成長ホルモン】を分泌させるための、手軽で有効な手段の一つがこの【加圧トレーニング】なのです。

手軽に始められる【加圧トレーニング】!

2014.01.10

【加圧トレーニング】とは軽めの運動でも激しいトレーニングに近い効果があります。

20140107-150138.jpg

筋肉を強く大きくするには、筋肉に肥大の必要性を感じさせる【刺激】が必要です。

その刺激とは、【物理的ストレス】と【化学的ストレス】の二つに別れます。

【加圧トレーニング】は、そのうちの化学的ストレスを筋肉に効率的に与えられるのです。

【加圧トレーニング】のポイントは、加圧ベルトを使い全身に酸素を運ぶ血流を制限する事です。

これによって筋肉への酸素の供給が不足し、無酸素運動で動く【速筋】が運動に使われ激しい運動をした時と同様に筋肉に代謝物である乳酸を溜める事が出来る。

こうして筋肉は、溜まった乳酸の濃度を下げるために、周囲の水分を吸収してパンパンに張ってくる【パンプアップ】という状態なる。

これは日常生活では起こらない化学的に苛酷な状態なので、筋肉を肥大させる有効な化学的ストレスとなります。

この現象は通常、激しいトレーニングでしか起こりませんが、比較的軽い負荷や運動でも手軽に達成出来るのが【加圧トレーニング】の最大のメリットです。

当然、重い負荷を扱う筋トレよりずっと安全で、筋肉や腱を痛める危険性も圧倒的に低いので、運動をした事ない方からお年寄りまで手軽に始めれるダイエットトレーニング法と言えます。

加圧トレーニングで眠っている筋肉を目覚めされる⁈

2014.01.09

実は、きちんと使わない筋肉は【眠っている】⁇

運動をあまりしない人は、筋肉はあっても使えない状態になっています。

加圧トレーニングで得られるメリットは、筋肉を大きくし体脂肪を減らすだけではなく、ふだんの生活では使われずに【眠っている】筋肉を目覚めさせるのも、そのひとつです。

筋肉は運動神経からの指令で力を出すが、たとえ本人が最大筋力を発揮させようと思っても100%の力を出すことはないです。

全力を発揮しようとしても、実は60%〜70%程度しか使えてないケースが多いと言われています。

これを心理的限界といい、あまり運動をしない人となると、その割合がさらに下がってしまいます。

つまり筋肉はあっても力は弱い状態と言えます。

加圧トレーニングをするとカラダに負荷がかかり普段使ってる筋肉だけではまかなえなくなります。

そこで神経が、その足りない分を補うでく判断して眠っている筋肉も動員させて、眠っている状態の残りの筋肉を起こし、代謝アップに繋がると言えます。

ダイエットやシェイプアップのポイントは⁇

2014.01.08

痩せる事は体脂肪を減らすこと

 

【スタイルを改善することは、筋肉を付けて体脂肪を減らす事にあります】

20140107-115154.jpg

ここで重要となるのが【速筋を鍛える】ことです。

筋肉は瞬発力に優れる【速筋】と、
持久力に優れる【遅筋】の二つに分別されます。

速筋は、筋トレやダッシュなどいわゆる無酸素運動で鍛えられ筋肉量を多く出来ます。

しかし、ジョギングなどの有酸素運動で鍛えられる遅筋は、脂肪は減少出来ますが、いくら鍛えても筋肉量そのものはあまり増えません。

筋肉量が減れば太りやすくなり、筋肉量が増えれば安静時にもエネルギーを大量に消費し、体脂肪を蓄えにくくなります。

このことからも、スタイルを大幅に改善するには速筋のトレーニングが必要不可欠なのです。

その点で言うと、加圧トレーニングは軽い物や低負荷で速筋を鍛えられて、短時間で筋肉を疲労さす事が出来るのでダイエットやスタイルアップには効果的なトレーニングと言えます。