亀ちゃんBLOG
TOP > 亀ちゃんBLOG

ダイエット中の朝食は?

2013.07.30

ダイエット中は少しでも摂取カロリーを減らそうと、

 

朝食を抜いたり飲み物だけにしてしまったりする人も多いですが、

 

それはダイエット失敗の元です。

 

朝食を抜いてしまうと体を動かす元となる栄養がないので、

 

体温も上がらず代謝も低下し脂肪の燃焼ができにくい状態になります。

 

さらに脳の栄養も足りなくなり、

 

集中力の低下や倦怠感が起こります。

 

そして、体は足りなかった栄養を体脂肪などから補い、

 

その後の食事でたりなかった栄養を補おうとして

 

体に入ってきたエネルギーをいつもより溜め込んでしまうのです。

 

 

そして、長い間朝食を取らない生活を続けていると、

 

徐々に基礎代謝量が落ちて痩せにくく太りやすい体になってしまいます。

 

ですから一日の体を動かす元となる朝食は絶対に抜かないようにしましょう。

 

朝からあまり食べる気がしないという方は、

 

少し早起きしてストレッチなどをして体を動かしたり、

 

前日は眠る2時間前は食べないようにしてみましょう。

 

栄養満点の朝食をとり、一日元気に動きましょう!

 

 

朝はすぐにエネルギーになりやすい炭水化物を中心に

 

タンパク質やビタミン類も積極的に摂取しましょう。

 

食事の比率は朝3:昼3:夕食1または2くらいが理想的です。

 

夜に炭水化物は控えたほうが良いってホント?その2

2013.07.29

炭水化物は、インスリンの分泌を促します。

 

 

遅い時間に炭水化物を摂ると、

 

 

インスリンが多く分泌されたまま眠りに入ることになります。

 

 

睡眠中にインスリンの分泌量が多いと、

 

 

脂肪燃焼を阻害し、脂肪を溜め込もうとします。

 

 

 

深い眠りについてから1時間くらいすると、

 

 

成長ホルモンが分泌されます。

 

 

成長ホルモンは、筋肉を発達させるのに有効なホルモンです。

 

 

成長ホルモンは、脂肪の燃焼も助けてくれます。

 

 

しかし、夜に炭水化物を摂ると血糖値が高くなります。

 

 

血糖値が高いと、

 

 

脂肪燃焼を助けてくれる成長ホルモンの分泌が妨げられるのです。

 

 

 

また、夜に炭水化物を摂ると、

 

 

朝に比べてインスリンを分泌しやすいそうです。

 

 

多すぎるインスリンは、糖分を脂肪として溜め込もうとします。

 

 

 

それと、夜のカロリー摂取が太りやすい理由として、

 

 

夜は活動量が少ないので消費カロリーが少ないから、ということも言えます。

夜の炭水化物は控えた方が良いってホント?その1

2013.07.29

「夜の炭水化物は太る」とか、「寝る前に食べると太る」とかいう話、聞いたことがあるでしょうか?

 

そして、それは真実なのでしょうか?

 

夜になるほど、食事量は減らしたほうがいいのでしょうか?

 

答えは、イエスです。

 

夜の炭水化物は控えたほうが賢明です。

 

筋肉・肝臓に蓄えられているグリコーゲン(糖)の量が多いか少ないかで、

 

 

摂取した炭水化物が脂肪になるかならないかが左右されます。

 

 

体に蓄えられるグリコーゲンの量には、限りがあります。

 

 

筋肉・肝臓のグリコーゲンが少ない場合、

 

 

炭水化物を摂ると、その糖分はグリコーゲンという形で蓄えられます。

 

 

しかし、体に蓄えられているグリコーゲンがいっぱいだと、

 

 

摂取した糖分は、筋肉や肝臓に蓄えることができなくて、あまってしまいます。

 

 

そのあまった糖分は、体脂肪として蓄えられるのです。

 

 

 

そして夜は、その日1日で摂った炭水化物ですでにグリコーゲンがいっぱいであることが多いので、

 

 

 

そこでさらに炭水化物を摂ると、脂肪になるというわけです。

 

 

一日の遅い時間に食べる食事ほど、

 

 

炭水化物を減らしたほうが、ダイエットのためには賢明です。

広島市中区袋町にある加圧トレーニングジム カートレスタジオでは、加圧トレーニング指導だけではなく、色々なアドバイスもさせてもらっています。

2013.07.25

モデルさん達も実践している

短期間でお腹を凹ます方法を

少しだけお話しします。

女性なら誰もが気になる

ウエストですけど

ウエストをシェイプアップするには

やはり専門的な知識のある元で

腹筋方法を学んだり

管理栄養士さんについてもらい

しっかり食事を見直して

管理していかなくてはなりません。

でもそんな時間がない場合も

ありますよね?

そんな時にオススメなのが

短期間でウエストを凹ます事の出来る

食事を【無塩食】にすることです。

塩の成分である塩化ナトリウムは、

水分を溜め込む性質があるので

塩分の多い食事をしていると

むくみを招き身体全体が

腫れぼったい印象になります。

食事から塩分を抜く事で

体内の塩分濃度が低くなり

濃度を一定に保とうとして

水分排出に繋がります。

短期間でお腹を凹ますには

食事から塩分を取らないように

無塩食を心掛けましましょう!

20130725-093139.jpg

広島市中区袋町の

加圧トレーニングジム

カートレスタジオでは

加圧トレーニング指導だけではなく

食事やマッサージなどもふまえて

痩せる為のアドバイスもしています。

痩せたい方は是非起こし下さい。

広島では1番通い易い

料金設定にしています

20130725-093642.jpg

まずは是非、体験に起こし下さい

20130725-093757.jpg

加圧トレーニングをする上でも、太る原因を知ってもらう事は大切です

2013.07.24

いつも痩せる為のアドバイスや

トレーニング方法について

載せていますが

今回は、

痩せる為にも

太る原因を知る事が先決です!

太る原因とは、

エネルギーの過剰摂取による

体脂肪の蓄積です。

エネルギーというのは、

食事により体外から摂取しますので、

太る原因は、

食べ過ぎという事になります。

しかし食事を全く食べなければ

もちろん痩せていきますが、

それでは病気になってしまいます。

人間には、

最低限必要なエネルギーと

栄養があります!

これらは生きていく為に

必要なものですので

必ず補給しなければいけません。

これらの食事から

きちんと摂取したうえで

エネルギーを最低限に抑えて

太る原因をなくしならが

エネルギーの消費力をあげていくのが

真のダイエットと言えます。

20130724-122920.jpg

20130724-122943.jpg

20130724-123001.jpg