亀ちゃんBLOG
TOP > 亀ちゃんBLOG

筋肉を鍛えると痩せ体質に⁈

2013.12.19

【正しい姿勢をキープして代謝アップ】

筋肉は背骨を支え、姿勢を維持する働きがあります。

正しい姿勢を維持するのにもエネルギーは使われているのです。

だから、正しい姿勢を保てる筋肉をつけると消費エネルギーが増えて、

代謝アップにもつながりますよ。

20131216-114328.jpg

筋肉を鍛えると痩せ体質に!

2013.12.17

【脂肪を支えて垂れるのを防ぐ】

筋肉には脂肪を支える働きがあります。

バストやヒップが垂れてくるのは、

加齢にともない筋肉が落ちてきている証拠です。

筋肉を鍛えてキュッと持ち上げましょう。

筋肉を鍛えると、バストやヒップ位置もキュッと上がり

メリハリのある女性らしいボディーラインになりますよ。

寒くて動くのが嫌になるこの時期に、

しっかり筋肉をつけていけば夏までにはボディーラインが変わっているはずですよ。

20131216-113714.jpg

美肌に良い食事の紹介です。

2013.12.12

【美肌の栄養素】が豊富な食品を摂り入れて、透明感のあるすべすべの肌にしましょう。

まず【サケ】は、W-3脂肪酸を多く含んでいるので、

20131211-154114.jpg

体のなかから肌をすべすべにし、吹出物を防いでくれます。

【キウイとブルーベリー】は、ビタミンCが多くシワを防いでくれます。

20131211-154319.jpg

20131211-154325.jpg

【牡蠣】は、亜鉛を多く含んでいます。

20131211-154430.jpg

亜鉛はコラーゲンの生成に必要です。

【サツマイモとトマト】に含まれるカロチノイドは、紫外線のダメージから肌を守ってくれますよ。

20131211-154646.jpg

20131211-154655.jpg

食事だけでダイエットを考えてる人は要注意です⁈

2013.12.04

食事だけでダイエットを考えてる人は要注意です⁉

からだには、【熱をつくる】【熱を運ぶ】【熱を逃がす】この3つの過程で体の体温を保つ機能があります。

このバランスが悪いと、体に温かい部位と冷たい部位の温度差生じて脳が冷えを感知します。

例えば、ダイエット中で摂取カロリーが少ない人は

【熱をつくる】力が弱い傾向にあります。

血行が悪くて熱を体のすみずみまで運ぶことができなかったり、

汗をかきやすい体質で熱が逃げやすかったりするので冷えやすくなったりします。

【冷えは万病のもと】とも言われますが、ダイエットおいても冷えは天敵です。

【熱をつくる】力の弱い人は、細胞の活動が停滞し、

基礎代謝が低い傾向にあると言われます。

ダイエットおいて、摂取カロリーと消費カロリーのバランスをとるために、

摂取カロリーは、抑えていかないといけませんが、

そこで【熱をつくる】力を落とさない為にもトレーニングは同時に行わなければいけません。

摂取カロリーだけでダイエットを頑張っても、体を冷やし代謝ダウンや筋肉細りをしてしまって返って太りやすい体質を作ってしまい、ダイエットの成功から遠ざかってしまいます。

しっかり体を動かしていけば、必ず成功に近付いていけますので頑張りましょう。

20131204-095912.jpg

痩せ力がUPする食材とは⁈

2013.11.30

セカンドミール効果で1日中太りにくくしてくれると言う注目の食材とは⁇

【大麦】です。

20131129-152634.jpg

しかし食べるタイミングは、朝に限ります。

では、なぜ大麦を朝に食べるといいのでしょうか⁇

大麦のB-グルカンは、体内で消化されずに腸のしたの方まで運ばれ

そこで善玉菌によって分解されます。

その際、腸からホルモンが出て満腹感や食欲の調節にかかわる刺激が脳に伝わり

朝食後はもちろん、昼食後まで血糖値が上がりにくくなります?

2番目の食事にも影響が及ぶ事から、

セカンドミール効果と言われます。

朝に、大麦を食べればその後も太りにくい状態を保てるのです。

B-グルカンには腸内環境を整えたり、

腹持ちをよくしたりする作用もあり、

やせ力アップには効果的ですよ。