亀ちゃんBLOG

加圧トレーニングの効果と通常のトレーニングと違いとは?

2017.09.04
加圧トレーニング広島 カートレスタジオです

 加圧トレーニングとトレーニングの違いについて

トレーニングは、ご存知の通り有酸素運動の事ではなく、無酸素運動の事を言います。
無酸素運動とは、すなわち筋力トレーニングのことです。

 

 

加圧トレーニングとは、加圧筋力トレーニングの事です

 

加圧ベルトを使い、腕や脚に加圧ベルトを巻き筋力トレーニングを行う事です。

加圧トレーニングに使うベルト

通常の筋力トレーニングとは

 

重りを使った筋力トレーニングと、自重を使った自重トレーニングがあります。
どちらもそれぞれ違ったメリットがあります。

 

加圧トレーニングとは

 

加圧ベルトを巻いた状態で、重りを使った筋力トレーニングか自重を使った自重トレーニングを行う事を言います。

 

 

加圧トレーニングのメリット

 

加圧ベルトを巻いた状態で重りを使った筋力トレーニングを行なうと、加圧ベルトを巻いている為、筋肉に送られる酸素が通常よりも減ってしまうので、筋肉疲労が早く起きてしまいます。

その結果、通常の重りを使った筋力トレーニングよりも、軽い重りで筋肉を使い切る事が出来て短い時間で、しかも通常よりも軽い重りでしっかり筋力トレーニングが出来てしまいます。

重りが軽くてしっかり筋力トレーニングが出来ますので、重たい重りを使って筋肉を痛めたり、筋や関節を痛めるリスクが軽減されます。

  加圧ベルトを巻いて自重トレーニングを行なうと、筋肉に送られる酸素が減ってしまうので、早く筋肉疲労がおき、自重ですが自重よりも少し重くなっている状態で筋力トレーニングが行えているという事になります。

重りを使った筋力トレーニングと、自重を使った筋力トレーニングのどちらの点でも加圧トレーニングは効果的なトレーニング方法になります。

 

 

 

加圧トレーニングのデメリットとは

 

加圧トレーニングで重りを使ってトレーニングをするか、自重を使ってトレーニングをした後には、加圧ベルトを外して実際に筋肉に酸素を再度送って、少しトレーニングを行い、実際に筋肉に刺激を与える方が効果的に体の変化に結果が出やすいです。
加圧ベルトを巻いた状態で、トレーニングを先に行なっているので、加圧ベルトを外して筋肉に再度酸素を送っても筋肉疲労は既に起きているので、直ぐに筋肉に刺激を与える事が出来ます。
加圧ベルトを巻かない状態での筋力トレーニングは、しっかり重たいものを使うか、とても回数をこなしていかない限り、なかなか筋肉が疲労してくれません。
それは、筋肉に酸素が常に回っているので、疲れる休むの繰り返しをしながら、少しずつ筋肉に疲労と刺激が行く感じになります。
このトレーニング作業は、上級出ないとなかなか筋肉に刺激を与えるまでしっかり出来るものではないです。
この点から、加圧トレーニングでの重りを使った筋力トレーニングと、自重を使った筋力トレーニングは効果的と言えます。
加圧トレーニングは、短い時間でトレーニング効果が高いので、女性で運動をしたことのない方や、長い時間筋力トレーニングするのが嫌いな方、忙しい方などにおすすめなトレーニング方法です。
しかし、加圧トレーニングと言っても、グループで行なうジムと、マンツーマンで加圧トレーニングを行なうジムがありますが、加圧トレーニングならどちらも効果的ですか、自分で筋力トレーニングを行なったことのない方や、ダイエットに失敗した方や、長続きしない方は、マンツーマンでの加圧トレーニングがおすすめです。
加圧トレーニングで実感出来ることを幾つかあげると、マンツーマンでの30分のトレーニング時間はマンツーマンだと、少し会話も有りながらのトレーニングなので、長いようであっという間に終わってしまい、そこまで加圧トレーニングが苦痛ではない。
脚の加圧ベルトを外した後に、下半身のむくみが改善され、加圧トレーニング後にはむくみが取れ帰る際には脚がとても軽く感じることがあります。
短時間なので、疲労物質があまり溜まらないので、運動後の全身のだるさを感じにくい。
軽い重りで筋力トレーニングが行えるので、関節や筋肉を痛めにくく、しっかりと刺激は与える事が出来ている。
腹筋などの小さい筋肉は意識をしないと疲れにくいですが、加圧トレーニングでは筋肉に送られる酸素が少しに制限されるので、しっかり効かす事が出来る。
その他にも、個人差はありますが、よく寝られるようになった、目覚めが良い、定期的に生理痛が来るようになった、ストレスが溜まりにくくなった、毎日体が軽く感じる、疲れにくい体になった。などたくさんの効果を感じてもらえております。

加圧トレーニングを分かりやすく説明

 

 

加圧 ベルトを腕、脚の付け根に巻き筋肉に送る血液を制限してトレーニングをする事によって早く筋肉疲労が起きます。

その際に、遅筋と速筋の両方を効率よく鍛えられます。

加圧トレーニング 広島

またベルトを外した時に、たくさんの乳酸を身体中に流し分解する為、成長ホルモンが大量分泌にされます。

その成長ホルモンの分泌量は通常のトレーニングが10倍くらいと言われていて、この加圧トレーニングにつきましては最高290倍も成分ホルモンが出ると言われています。

 

加圧トレーニング本部が発表している加圧トレーニングの5大効果とは

加圧トレーニングの良いところ5大効果

加圧トレーニングの良いところ5大効果

 

先ず、成長ホルモンが私達にどういった影響を与えてくれるかと言いますと、血行促進、美肌効果、アンチエイジング効果、冷え性むくみの改善、基礎代謝アップ、脂肪分解、ホルモンバランスを整えてくれたり、と言った生きていく上で欠かさない、さまざまな効果があります。

仕事帰りや仕事前、休憩時間など少しの空いた時間でも加圧トレーニングは30分で十分なトレーニング効果があります。

 

 

加圧トレーニングはゴルフと相性が良い

加圧トレーニングは、短時間でトレーニング効果がある為、お年寄りにも出来るトレーニングです。

ゴルフは、下半身の安定性や体幹、腹筋、背筋など様々な筋肉の連動性でクラブを振らなければいけません。

ゴルフの飛距離を上げようと思うと、ゴルフに必要な筋肉をアップさせると飛距離が上がります。

そこで飛距離が下がってきたお年寄りがトレーニングを始めると関節や腰を痛めるリスクがあり、加圧トレーニングは軽い負荷でしっかり筋肉に効かす事が出来るので、筋肉を痛めすリスクが少なく、飛距離を上げたいと思っているゴルファーに加圧トレーニングは効果的なのです。

加圧トレーニングを始めた方のほとんどが、ゴルフの飛距離が延びたと喜ばれています。

女性に関しては、手脚の冷えが無くなったとか、最終ホールまで集中して回る体力がついたとか、ホルモンバランスの改善など様々な改善がされたとお客様から報告も頂いております。

 

加圧トレーニングでゴルフのスコアが良くなる

 

加圧トレーニングで下半身をしっかり鍛える事で、後半のラウンドの際にも下半身の安定性が保たれ、ヘッドアップが減ります。

その結果、後半もスコアが崩れることなくゴルフを楽しむ事が出来ます。

ゴルフには筋肉はいらない言う人もいますが、年配の方は10人いれば10人が飛距離が下がって悩まされています。

加圧トレーニングを始めた方は、正直皆さん飛距離が上がりました。

今までのスポーツに対する考え方は、その種のスポーツをとにかくしっかり行うとパフォーマンスが上がると言われていましたが、現在では静的トレーニング、動的トレーニング、筋力トレーニング、加圧トレーニングなどをしっかり鍛えながらスポーツを行う方がパフォーマンスに向上が早くみられる事で、トレーニングをしっかりすることが大切です。


是非、加圧トレーニング広島 カートレスタジオへ体験にお越しください。

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive