亀ちゃんBLOG

お腹を引っ込めたい人が行うプランクについて

2020.01.19

こんにちは。

加圧トレーニング広島 カートレスタジオの亀田です。

今回はお腹を引っ込めたい人が行うブランクと言うエクササイズについて効果的な方法を紹介します。

通常プランクと言うのは、うつ伏せからの状態から肘とつま先で体を持ち上げてまっすぐ保つエクササイズになります。

体をまっすぐ保つことで腹筋、脊柱起立筋などが主に鍛えられます。

体の姿勢が良くなるエクササイズですので猫背で下腹が出ている某でお腹が前に出ているそのような体系がまっすぐになります。

そうなることでお腹がまっすぐになりお腹が引き締まると言うことになります。

やり方にもポイントがあります。

うつぶせから肩肘をついてつま先をついて体を持ち上げるだけでは、姿勢が悪い状態で体を上げた場合、大切な筋肉が使われにくいです。

プランクでお腹を引き締める骨は腰を丸めてお腹を締める、そして骨盤を後傾させた状態で体をキープすることです。

 ブランクは、うつぶせ仰向け横向きいろんなプランクがありますがお腹を引き締めたい場合は実は膝をついて行うプランクが効果的です。

やり方としてはうつぶせで万歳をします、その状態で肘をつきます。

肘と膝だけを床につけてお腹と前の太ももを持ち上げる感じです。

そうすることで腰が丸まった状態でプランクを行うことができます。

肘とつま先だけで体を持ち上げて行うプランクでは腰を痛めてしまう方も多いです。

膝をついて行うプランクについては腰を痛めにくく腹筋にしっかり効かすことができます。

エクササイズの目安としては、20秒キープを10秒休みを入れて3回行ってください。

慣れてくるにつれて時間を伸ばしてください。

慣れてくるとお腹を占める意識が薄れてきますので、自分で辛くなるようにお腹に力を入れてエクササイズを行ってください。



Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive