亀ちゃんBLOG

ボディーメイクトレーナーは美容師です。

2019.09.22

こんにちは。

加圧トレーニング カートレスタジオのボディーメイクトレーナー亀田です。

今回はボディーメイクトレーナーは美容師と言うことについてお話ししていきます。

一流のボディービルダー兼トレーナーの方は、ボディービルダーを目指している方のパーソナルナルトレーナーをしています。

その様な方は、自身の体の様に、お客様の体を作り上げていくプロなので、ボディーメイクトレーナーに近いです。

一般的なパーソナルナルトレーナーの方は、筋トレが好きでそれをお客様にもしてもらうと言ったイメージでしょうか。

なので、ダイエット目的の場合は、お客様には大きな筋肉を鍛えてもらう感じですかね。

経験が豊富なトレーナーの方に当たれば、ココは細く、ココは鍛えたいなど要望に応じたトレーニングメニューにも対応してくれる人もいるかも知れませんが、基本的なダイエットジムは、会社の看板もあるのでマニュアルに基づいたトレーニングメニューや食事指導をしています。

本気で変わりたいと思っている1割の女性はどの様な状況であっても結果を出すと思いますが、その他の9割りの女性は、変わりたいと思って、フィットネスクラブやパーソナルジムに入会したは良いものの、鍛えると体が大きくなった。。

動いた日はお腹空いて食べ過ぎてしまう。

と言った逆効果になってしまうのもよくある話です。

それは、体を変えたいと思う結果に焦り、短期間で見れば見るほど結果が遠のいてしまいます。

ではどうすれば良いのか?

体が全体的に太っているなら、ダイエットのパーソナルジムへ行く。

気になる部位が、特定されているのならボディーメイクジムへ行く。

そのどちらかです。

そこで遠慮してはいけないのは、言いたい事は伝えるという事です。

トレーナーが応えられるかはさて置き、伝える事はするべきです。

これ以上やると太くなる気がする。とか

メニューがキツすぎると食欲が増して食べてしまう。とか

頑張り過ぎて辛いので継続的に通えないかも知れない。。

体の変化が出来くいけど、それでも続けるべきなのか。

など、色々と課題はあります。

女性はスタイルが良くなりたい。

細くなりたい。などが希望でしたら、ダイエットのパーソナルジムより、ボディーメイクジムがオススメです。

因みに、カートレスタジオはボディーメイクジムです。

何がどう違うのかと言いますと、

痩せたいけど、上半身は鍛えたくない。

それならそう言うメニューにしましょう。

下半身は細いから、上半身を細くしたいです。

それなら下半身を鍛えるスクワットは無しにしましょう。

と言った感じで、ボディーメイクジムは、美容院と同じなのです。

トレーナーはある意味、美容師です。

髪の色は茶色で、前髪は残して、後ろだけ少し短くしてください。

あとは、少しすいてください。

と言ったイメージです。

もう一方で、ダイエットのジムは全体的にカットしてください。

と言ったイメージです。

基本的には、全体を鍛えますので、腕の筋肉が付きやすい人、足の筋肉が付きやすい人など、体脂肪は減っているのに、気になる部位のサイズはあまり変わらず、お腹と背中だけ痩せた。

その様な仕上がりになったりもします。

どちらのジムが、向いているのかは本人の体型によります。

同じことが言えるのは、早い結果を求めない事です。

体重計に乗れば、昨日より1キロ減ってる。

食べ過ぎたから2キロ増えてる。

など、数字に振り回されない事が、長く取り組むポイントです。

体の脂肪は0.00000001gずつとかで減っています。

一般的には、200gや300gくらい動いている数字にしか目がいかない人も多いですが、毎日数字は動いています。

少しの努力を継続していれば、自ずと理想の体型に近付いているはずです。

一般的に、トレーナーについてもらうと3000円〜10000円くらいでしょうか。

時間は30分〜90分とかありますが。

基本的には、トレーニングは習う事が近道です。

自分に合ったトレーニングメニュー、自分に合った量や回数を決めてもらえます。

キツく追い込みたいと思っている女性もいますが、追い込むと体のサイズが上がります。

適度に、適切な場所の筋肉を使う。

定期的に体を動かす。

食べ過ぎない様に、健康に気遣いながら食事メニューを決める。

それを継続するだけです。

頑張りましょう。

加圧トレーニング カートレスタジオはボディーメイクジムになります。

気なる部位がある方は、お問い合わせ下さい。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive