亀ちゃんBLOG

加圧トレーニングのメリットとデメリットについて

2020.01.13

こんにちは。

加圧トレーニング広島 カートレスタジオの亀田です。

今回は加圧トレーニングについてのメリットデメリットをお話しいたします。

まずデメリットについてですが、負荷が軽くても早く筋肉が疲れるため、重たい物を扱いにくいです。

筋肉を大きくするためには負荷を重くしてレプスを上げるない重さが重要です。

ということで、加圧ベルトを巻いた状態で行うこのトレーニングは、筋肉が早い段階で酸欠になる為、すぐに筋肉疲労を起こします。

そうなることで初心者から中級者の方には向いていますが、筋肉を大きくしたい太くしたい筋力をつけたいそういった方には向いてないトレーニングです。

次に、メリットですが筋肉を大きくしたくない、だけど筋トレをして代謝をあげたい、食事だけではなくできるだけ早く痩せるために少しは運動したい、そういった女性にはとても無理だトレーニングです。

男性は、筋肉をつけたり大きくしたりしたいためにこのトレーニングをあまりありませんが、したい人にはとても向いてトレーニングです。

ベルトを巻く部分が、腕と足2カ所ありますがカートレスタジオでは、脚のみにベルトを巻きます。

通常は腕にも巻く加圧ジムがほとんどですが、当スタジオではスタイルが良くなる事に重点を置いておりますので、腕に巻いた加圧トレーニングを経験した方はわかると思いますが、腕が太くなる場合があります。

体脂肪が減れば結果的に腕も細くなることがありますが、その過程としては腕が太くなることがあります。

そして体脂肪が減った時にも細くなっていない場合もありますので当スタジオでは腕にはベルトをまかないようにしております。

話を戻しますが、ベルトを巻くことで軽い負荷でも筋肉が疲れるため、筋肉を付けたいと言うよりも、痩せる為に体を動かしておきたい方、筋肉を落としたくない方にとてもオススメなトレーニング方法です。

筋肉がつきやすい人、筋肉がつきにくい人、太くなりやすい人、細くなりやすい人が居ますので、それは動きや骨格、身長などからだいたいわかりますので、少し重りを使うべきか、自重で良いかは判断できます。

もちろん加圧トレーニングではなく、マシンを使って軽い負荷でゆっくり長い時間動かすなどでも効果は出ますが、マンツーマンの加圧トレーニングは、とても効果や効率を考えると女性には良い方法です。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive