亀ちゃんBLOG

痩せるためには〇〇のトレーニングが大切

2020.01.16

こんにちは。

加圧トレーニング広島 カートレスタジオの亀田です。

今回は知るためには〇〇のトレーニングが大切ということについてお話ししていきます。

結論から言いますと、〇〇は足です。

女性の場合は、上半身下半身ともにバランスよく太っている人もいれば、上半身は細くて下半身が太っている。

または、上半身は太っていて下半身が細いそのようなタイプの方がいます。

前者も後者も共に言える事は足のトレーニングは大切です。

足のトレーニングをすることで体幹部、腹筋、背筋、お尻、太ももなどが鍛えられます。

大きな筋肉を使えば使うほど代謝は上がり筋肉量が上がっていきます。

そのため、小さい筋肉を使うほど非効率となっていきます。

小さい筋肉を使う時間があれば大きい筋肉を使ったほうが簡単に痩せやすくなります。

足の筋トレをする際には場合によっては太くなる方もいます。

太くなる方の共通点がまず食事の管理ができていない。

筋肉を使って筋肉の栄養やカロリーがありすぎると筋肉が大きく育ちますそのため筋力をつけながら食事を減らすそうすることで脂肪が使われ足が細くなっていきます。

もう一つの共通点が筋肉を瞬発的に使ってしまう癖がある方。

筋肉を瞬発的に使えば使うほどアウターマッスルに作用しますアウターマッスルと言うのは大きくなりやすい速筋と言われている筋肉です。

逆にゆっくりトレーニングを行うことでインナーマッスルを使うことができ大きくなりにくい筋肉をつけていくことができます。

男性は大きくなっても良いので瞬発的に筋肉を使い重たいものを持ったりしますが、女性の場合は逆に足が太くならないように軽い負荷でゆっくり動いてインナーマッスルを効かしていきます。

アウターマッスルとインナーマッスルもバランスがありインナーマッスルがない場合がアウターマッスルをすぐ使ってしまう癖があります。

その癖を直して足を細くするためにはゆっくり動く意識をしてインナーマッスルを鍛えつつアウターマッスルを落としていくそうすることで足が筋肉痛ではないきれいな足になっていきます。

痩せるためには足のトレーニングが必須となっていくんですけども、上半身が太っていて足が細いそのような方は足のトレーニングをしたくないと言う方ももちろんおります。

しかし上半身の脂肪を落とすためには大きな筋肉足を使うことがとても大切となっていきます。

足が細い人は足を使わずに上半身だけ痩せたいことを望む人ももちろんいます。

それは足を使うと太くなってしまうのではないかと言う不安のところから来ています。

しかしゆっくり動くことで足が太くなる事はほとんどありません

もちろん筋肉の偏りによっては行わない方が良い種目行うべき種目があります

そこは自分で判断するのではなくやはりトレーナーの方に見てもらって行うのがベストです。

当スタジオでは加圧ベルトを使って行うトレーニングを行っておりますが、それぞれの個人がネットでベルトを買って行うことと同じように思われがちですがトレーニングメニューを何をすべきかお客様に合ったエクササイズは何なのかそこを選ぶことがきれいに痩せる体作りの根本であります。

自分で筋トレを行った場合のデメリットとしては気になる部位があまり変わらないそのようなことが多々あります。

下半身を細くしたいのに上半身ばっかり痩せてしまう。

逆に、下半身は今のままでいいのに下半身ばっかり細くなっていってしまうお腹のお肉が取れない。

そのような状態が自分で行うトレーニングの場合はおきます。

努力がなかなか実らないのももちろん大変です。

そうならないためには初めから自分で行うのではなく初めからプロに見てもらってエクササイズを行うことが重要ですいわゆる遠回りしないことが大切と言うことです。