亀ちゃんBLOG

下腹ポッコリの原因と改善について

2020.01.17

こんにちは。

加圧トレーニング広島 カートレスタジオの亀田です。

今回は下腹ぽっこりの原因と改善についてお話ししていきます。

下腹が出ている原因が3つあります

1つは内臓脂肪、2つ目は皮下脂肪、3つ目は姿勢。

その中でも脂肪はダイエットで改善できますが、脂肪が減っても姿勢が悪いままでは下腹ぽっこりは治りません。

下腹ぽっこりを改善するには超合金を鍛えることが大切です。

腸腰筋を鍛えるエクササイズは、オススメなのが3つあります。

1つ目はレッグレイズ、2つ目はバイシクル、3つ目はシットアップです。

お腹を引っ込めたいからと言って普通の腹筋やクランチを行っていても腸腰筋は一生に着きません。

腸腰筋と言うのは強な部分の筋肉ですからお腹の表面の力が入ってしまうと腸腰筋には効いていません。

腸腰筋の筋肉が弱ると、便秘になりやすくなる。

下腹が出てくる。

姿勢が悪くなってくる。

そのような原因になってしまいます。

そうならないためには先ほどお伝えしたエクササイズを毎日各10回ずつぐらい行うことが効果的です。

エクササイズで注意するポイントとしては、お腹の表面に力ができるだけ入らないようにする。

しっかり腰をつけた状態でエクササイズを行う。

できるだけお腹を引っ込めしながらゆっくり行うことです。

そうすることでおへその奥のコアな部分にしっかりきかすことができます。

下腹が気になる方はぜひ行ってみてください。